スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノとフルートとトロンボーン

 私は、小さい時、童謡のレコードを聞いたり、ピアノを習っていたり、中、高校では、吹奏楽部に所属していたので、相対音感はあるようです。音をとることは難しくはないです。

 吹奏楽部では、トロンボーンを吹いていました。トロンボーンは、B管です。

 子供は、フルートを吹いています。フルートは、C管です。トロンボーンの音に慣れてしまっていたのか、今、フルートの音がどおしても一音ずれて聞こえるのです。
でも、ピアノは、音はとれるます。フルートだけは、だめなのです。
習い始めの子供の音程がわるいのかなぁーと思ったりもしたのですが、レッスン中の先生の音も間違って音をとっているようです。
原因は何なのでしょうか・・・・?

トロンボーンは、金管楽器でピストンはついてなく(大抵)、スライドを伸ばしたり、短くして音程をとります。なので、音程の微調整も他の楽器よりもし易いので、和音が、本当に素晴らしくきれいな楽器です。よく学校の階段で(一番ここがよく響くから・・。)はもらせて遊んでいました。
クラシックな曲より、マーチやジャスっぽい曲を音をバリバリ割りながら吹くのが好きでした。
部活が終わって、コンビニで肉まんを買って、食べながら帰ったのもいい思い出です。

images.jpg

コメント

Secret

プロフィール

tomo.cam

Author:tomo.cam
神奈川県藤沢市で
プリザーブドフラワーの教室&オンラインショップをはじめます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。